アナリティクスのビューidの作成方法を解説

アナリティクスのビューidの作成方法について解説します。

アナリティクスのビューとは?

アナリティクスは3段構造で出来ています。

一番の大枠が「アカウント」、次が「プロパティ」最後が「ビュー」です。

通常アナリティクスを使用する場合、アカウントとプロパティの作成は必須です。

アカウントとプロパティがないとアナリティクスのデータを作成することができません。

今回紹介するビューは、作成しなくてもアナリティクスでデータ収集可能です。

アナリティクスの管理画面は左から順番にアカウント・プロパティ・ビューと並んでいます。

アナリティクスのビューIDとは?

「社外IPアドレスを除外したい時」「ディレクトリごとにアクセス解析したい時」などによく使用されます。

特定ディレクトリのみのアクセス解析を行いたい時のビューの作成方法

特定ディレクトリのみのアクセス解析を行いたい時のビューの作成方法について紹介します。

例えば、「blog」等のディレクトリに絞ってアクセス解析したいとします。

その場合、アナリティクスにログイン以下の通り進みます。

「管理」>>「ビューの設定」>>「新しいビューを作成」と進みます。

「レポートビューの名前」に好きな名前で入力し、「レポートのタイムゾーン」を選択します。

※日本語サイトの場合は「日本」を選択する人が多いです。

「ビューを作成」を選択すると、管理画面に自動的に遷移します。

遷移後、先程作成した新しいビューの「フィルタ」から

「フィルタを追加」をクリックします。

「フィルタ名」に好きな名前を入力し、フィルタの種類に「定義済み」を選択します。

「右のみを含む」「サブディレクトリへのトラフィック」「前方が一致」を選択します。

これでサブディレクトリ「blog」に絞ってアクセス解析ができるようになりました。

アナリティクスのビューのよくある質問

 

Q1:アナリティクスのビューはいくつまで作成可能?

A1:1つのプロパティにつき、25個まで作成可能です。

Q2:

A2:

 

管理人が使っているアメリカ発のオンライン学習プラットフォーム「Udemy」のご紹介。
Udemyは、2015年にベネッセが業務提携したことで日本でも有名になりました。
定期的にセールが行われており、数時間~数十時間のプログラミング講座が2,000円以下で学べます。
\【定期的にセールあり】Udemyの公式サイトはこちら/
公務員におすすめのプログラミングはVBA一択!メリットしかない件

OPPO
シェアする
Windowsパソコンユーザーのお役立ちブログでありプログラミング技術ブログ

コメント