IFERRORとindex、matchの組み合わせを解説

「IFERROR」関数を使用して「INDEX MATCH」関数を包んで、エラー処理を行う方法について説明します。これにより、エラーが発生した場合に代替の値を表示することができます。

以下の例を使用して、手順を説明します。

例えば、以下のようなデータがあるとします。

A B C
Name Category Score
Alice Math 85
Bob Science 75
Alice Science
Bob Math 80
Alice Geography 70

「Name」が”Alice”かつ「Category」が”Math”の場合の「Score」を見つけるために、Index Match関数を使用します。しかし、一部のセルには値が入っていないため、エラーが発生する可能性があります。

以下の手順でエラー処理を行います。

  1. 結果を表示するセルに、次の式を入力します。

=IFERROR(INDEX(C2:C6, MATCH(1, (A2:A6=”Alice”) * (B2:B6=”Math”), 0)), “Not found”)

この式は、条件に一致する「Score」を見つけますが、エラーが発生した場合は代替のメッセージ “Not found” を表示します。

  1. 入力が完了したら、セルを入力した状態でEnterキーを押して数式を確定させます。

この数式では、まず条件に一致する行のインデックスを見つけるために「MATCH」関数が使用されます。次に、「INDEX」関数を使用して対応する「Score」を取得します。しかし、もし条件に一致する行が見つからない場合にはエラーが発生します。

そのため、「IFERROR」関数が使用され、エラーが発生した場合には代替のメッセージ “Not found” が表示されます。

このように、「IFERROR」関数を使用することで、「INDEX MATCH」関数のエラーを処理し、代替の値を表示することができます。

スプシの使い方
イグチ

pythonハマり中仕事の自動化を頑張っています。

パソコンお役立ちブログ

コメント