【importxml関数】スプレッドシートでスクレイピングする方法

importxml関数を使ってスプレッドシートでスクレイピングする方法を解説します。

IMPORTXML関数とは?

XML、HTML、CSV、TSV、RSS フィード、Atom XML フィードなど、さまざまな種類の構造化データからデータをインポートします。

使用例
IMPORTXML(“https://en.wikipedia.org/wiki/Moon_landing”, “//a/@href”)

IMPORTXML(A2,B2)

引用:IMPORTXML – Google ドキュメント エディタ ヘルプ

importxmlの「xml」とは?

importxmlの「xml」は、文章の見た目や構造を記述するためのマークアップ言語のことです。

importxmlの使い方

見出しの抽出

=importxml(A1,”//h1″)

=importxml(A1,”//h2″)

=importxml(A1,”//h3″)

=importxml(A1,”//h4″)

タイトルの抽出

=IMPORTXML(A1,”//title”)

メタディスクリプションの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@name=’description’]/@content”)

og:titleの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@property=’og:title’]/@content”)

og:descriptionの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@property=’og:description’]/@content”)

meta og:typeの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@property=’og:type’]/@content”)

meta og:urlの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@property=’og:url’]/@content”)

meta og:imageの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@property=’og:image’]/@content”)

meta og:site_nameの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@property=’og:site_name’]/@content”)

canonical URLの抽出

=IMPORTXML(A1,”//link[@rel=’canonical’]/@href”)

meta keywordsの抽出

=IMPORTXML(A1,”//meta[@name=’keywords’]/@content”)

 

コメント