【画像付き】TwitterAPIの利用申請方法を解説!

Twitter APIの申請 python

TwitterAPIの利用申請方法を解説します。

手順は以下の4つです。

  1. Twitter APIの取得
  2. Tweepyでツイートを取得
  3. 決まった時刻にツイートを取得
  4. データを分析

TwitterAPIを申請

ツイート情報を取得するためにTwitter APIを使用します。

Developer Portalでサイトを申請する必要があります。

 

「Developer agreement & policy」と書かれたページが表示されます。要はTwitterAPIを使用する上でのルールが英語で書かれています。

チェックボックスにチェックし、「Submit」をクリックします。

Twitter APIの申請

「Time to verify your email」というページが表示されます。

Twitterからメールが届いているので、メールボックスを確認します。

Twitter APIの申請

「developer-accounts@twitter.com」から下記のようなメールが届いているので、「Confirm your email」をクリックします。

Twitter APIの申請

クリックしページが遷移したら「#Welcome to the Twitter Developer Platform」というページが表示されます。

検索窓に任意にアプリ名を入力します。

 

「OAuth 1.0a」にチェックを付けます。

Twitter APIの申請

そのまま、少し下にスクロールすると、以下の項目があります。

  • Callback URI / Redirect URL
  • Website URL

「Callback URI / Redirect URL」には「https://127.0.0.1:3000/cb」と入力します。

「Website URL」には「https://twitter.com/【@を除くTwitterID】」を入力します。

入力が完了したら、再び下にスクロールし、「Save」をクリックします。

Twitter APIの申請

以下のページが表示されたら、「OAuth 1.0a turned on」の右横に緑色のチェックマークが付いているか確認します。

画像のようなチェックマークが付いていれば、OKです。

Twitter APIの申請

APIキー・トークンの再取得方法

Twitter APIの使用では以下の4つが必要です。

  • APIキー
  • APIトークン
  • アクセスキー
  • アクセストークン

上記は、「Developer Portal」の左メニューの「Dashboard」に進み、Projects APP直下の鍵マークをクリックすることで確認できます。

Twitter APIの申請

鍵マークをクリックすると、以下のページが表示されます。

「API Key and Secret」「Access Token and Secret」それぞれの右横にある「Regenerate」をクリックすると、キーを取得することができます。

Twitter APIの申請

以上、TwitterAPIの利用申請方法になります。

python
イグチ

pythonハマり中仕事の自動化を頑張っています。

シェアする
Windowsパソコンユーザーのお役立ちブログでありプログラミング技術ブログ

コメント