IFS関数の使い方!複数条件・AND関数、OR関数、NOT関数の指定方法も解説

IFS関数は、複数の条件を評価して、それぞれの条件に対応する値を返す便利な関数です。従来のIF関数をネストする複雑さを軽減し、可読性を向上させます。本記事では、IFS関数の基本的な使い方からAND関数、OR関数、NOT関数との組み合わせ方法までを解説します。

IFS関数の基本的な使い方

IFS関数は、条件を順番に評価し、最初に真となる条件に対応する値を返します。

構文

excel

=IFS(条件1, 値1, 条件2, 値2, ..., [条件N, 値N])
  • 条件1, 条件2, ...: 評価する条件。
  • 値1, 値2, ...: 条件が真の場合に返す値。

例1: 基本的なIFS関数の使い方

例えば、成績に基づいて評価を返す場合:

excel

=IFS(A1>=90, "優", A1>=75, "良", A1>=60, "可", TRUE, "不可")

この例では、A1の値に応じて適切な評価を返します【4】。

複数条件の指定方法

IFS関数は複数の条件を簡単に処理できます。各条件を順番に評価し、最初に真となる条件に対応する値を返します。

例2: 複数条件の指定

例えば、売上に基づいてボーナスを計算する場合:

excel

=IFS(B2>=100000, 10000, B2>=50000, 5000, B2>=20000, 2000, TRUE, 0)

この例では、B2の売上に応じてボーナスを計算します【4】。

AND関数、OR関数、NOT関数との組み合わせ

IFS関数は、他の論理関数と組み合わせてさらに柔軟な条件設定が可能です。

AND関数との組み合わせ

AND関数は、すべての条件が真の場合に真を返します。例えば、特定の範囲内の成績を評価する場合:

excel

=IFS(AND(A1>=80, A1<=100), "優秀", AND(A1>=60, A1<80), "良", TRUE, "改善の余地あり")

OR関数との組み合わせ

OR関数は、いずれかの条件が真の場合に真を返します。例えば、特定の条件を満たす場合に値を返す場合:

excel

=IFS(OR(B2="東京", B2="大阪"), "主要都市", TRUE, "地方")

NOT関数との組み合わせ

NOT関数は、条件が偽の場合に真を返します。例えば、特定の値を除外する場合:

excel

=IFS(NOT(C2="エラー"), "正常", TRUE, "エラー")

まとめ

IFS関数は、複数の条件を効率的に評価し、それぞれに対応する値を返す強力なツールです。AND関数、OR関数、NOT関数と組み合わせることで、さらに柔軟で複雑な条件を設定できます。

コメント