超簡単にPythonでGoogle画像検索結果からスクレイピングする方法!google-images-downloadを活用!

超簡単にPythonでGoogle画像検索結果からスクレイピングする方法を解説します。

結論、「google-images-download」を使用することで超簡単にスクレイピングすることができます。

ソースコードもたったの数行です。

インストールと数行のソースコードを記述するだけでGoogle画像検索結果から欲しい画像をスクレイピングすることができます。

google images downloadとは?

Google画像検索から画像をダウンロードするためのツールです。

GitHub 上のコードが動作しないため、有志の方が作成したパッチ版インストールします。

google image downloadが動かなかったのでその対応 – Qiita

git clone https://github.com/Joeclinton1/google-images-download.git gid-joeclinton
pip install -e gid-joeclinton

Chrome Driverをインストール

現在ご自身が使用しているブラウザのバージョンを確認し、バージョンに対応したChrome Driverをインストールします。

ChromeDriver – WebDriver for Chrome – Downloads

バージョンの確認方法については以下の記事に記載しています。

[pagelink id = 1259]

googleimagesdownloadを使ったスクレイピングのソースコード

下記コードでGoogle画像検索で「子供部屋おじさん」と検索した際に表示される画像を上から10枚取得することができます。

!git clone https://github.com/Joeclinton1/google-images-download.git gid-joeclinton
!pip install -e gid-joeclinton

!googleimagesdownload --keywords "子供部屋おじさん" -l 10  --chromedriver F:\chromedriver\98\chromedriver.exe

google colabで上記コードを起動した場合、画像はgoogle colabのメニュー「ファイル」内の「Download」というファイル内に格納されているはずです。

コメント